So-net無料ブログ作成

「On the Sunny Side of the Street」をリコーダーで吹いてみよう [アルトリコーダー]



もう一曲ジャズをアルトリコーダーで吹いてみましょう。
デキシーランド時代からのスタンダードナンバー「On the Sunny Side of the Street」です。

ビックバンド時代のジャズが好きだったことは以前に書きましたが、この曲のそのころさかんに歌われてました。YouTubeでこの曲を検索すると当時活躍していた、シナトラ、サッチモ、ビリーホリデー等々が」ズラと出てきます。

私がこの曲を知ったのは、ペギーリーが若いころベニーグッドマン楽団に所属していた時代のレコードで、10代の頃によく聴いた曲です。

ジャズは、演奏者が伴奏に合わせて即興で演奏するものですが、歌でも歌手によってメロディーがかなり違います。今回はベニーグッドマンとビリーホリデーの録音を参考に演奏しました。
よかったら、YouTubeで聞き比べてみてください。

難易度は中くらいでしょうか、「Take Five」と比べればかなり簡単ではないかと思います。
明るい曲なので、ハッピーに吹いてくださいね。

この曲をアルトリコーダーで吹いてみようと思わえる方は、このブログの最初の記事にカラオケのダウンロードなど使用方法を書いてあるので、そちらをご覧ください。この曲の番号は「3009」です。

http://rikouda-go.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-1
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 10

コメント 2

ぼんぼちぼちぼち

オールドジャズが好きなのでこの曲 なじみ深いでやすね。
リコーダーで奏でると素朴感前面に出やすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-03-21 21:12) 

ackylacky

この曲をご存知ですか、それは嬉しいですね。
リコーダーを主役にすると、ほかの楽器も大人しいものになりますね。トランペットの代わりにフリューゲルホーン、トロンボーンの代わりにユーホニュームを使っているので、素朴な音になります。
by ackylacky (2017-03-23 09:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0