So-net無料ブログ作成
アルトリコーダー ブログトップ
前の10件 | -

「マトリョシカ」をリコーダーで吹いてみよう [アルトリコーダー]



ハチ(米津玄師)の「マトリョシカ」です。
この曲はボーカロイドで製作されてます。ボカロといえば速い高いで、歌ったり演奏したりが難しいことが多いのです。
この曲もそうだったので、頭の中でゆっくりで音程下げて歌ってみたら、ブギウギのリズムにあいそうです。

そこで、「スローでブギなマトリョシカ」いう感じで作りました。
プレスリー頃のロックンロールやロカビリー当たりのサウンドを目指して、Eギター、Eベース、ドラムスというバンド形式のカラオケを作り、リコーダーにはアンプシュミレーターをかけてガッツリ歪ませてます。

吹きやすいキーに移調しましたが、転調があるのでシャープ三つ付きました。スローにしたとはいえ142BPMと結構速いので練習が必要でした。 下のソ#→ファ#が最後まで確実に押さえられなかったです。

この曲をアルトリコーダーで吹いてみようと思わえる方は、このブログの最初の記事にカラオケのダウンロードなど使用方法を書いてあるので、そちらをご覧ください。この曲の番号は「3019」です。

http://rikouda-go.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-1


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「学生街の喫茶店」をリコーダーで吹いてみよう [アルトリコーダー]



ガロというグループが歌った、フォーク・ブームの頃のヒット曲ですね。
フォークの名曲何選といった企画には必ず入りますが、今はメンバーがテレビに出たり、他の歌手がカバーして歌うことは少ないようす。
楽曲自体は、あまりフォークらしくない感じを受けます。むしろアレンジの面白さやハーモニーの美しさに惹かれて吹いてみました。

原曲が、3声のコーラスなのでアルトリコーダーとソプラノリコーダー(一部2声)の合奏にしてます。間奏でオーボエのソロの部分もソプラノで吹きましたが、音をラジオボイスに加工して変化を付けました。

カラオケは、オーケストラの代わりにシンセ系、ベースもシンセと、この時代まだシンセサイザーは使われてなかったと思いますが、あえて使いました。

演奏では、最初のソロはアルト、2声になると主旋律がソプラノ、ハモリをアルトにしてます。
今回も歌の部分は難しくありませんが、間奏はそれなりに練習が必要でした。

この曲をアルトリコーダーで吹いてみようと思わえる方は、このブログの最初の記事にカラオケのダウンロードなど使用方法を書いてあるので、そちらをご覧ください。この曲の番号は「3018」です。

http://rikouda-go.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-1

nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

「アイネクライネ」をリコーダーで吹いてみよう [アルトリコーダー]



ネット上で大人気の米津玄師の「アイネクライネ」を吹いてみましょう。

最近、ネットでよく歌っている人を見るので、チェックしてみました。
東京の地下鉄のCMで使われたそうなので関東の方は聞いたことあるかもしれませんね。
しかし関西に住んでいるので、それまで聞く機会がありませんでした。



音楽だけでなく、絵も本人が画いているそうですが、なかなかに才能がある人ですね。

数回聞きましたが、そから頭に憑いてしまって1日中頭の中で鳴ってました。暑い日が続くせいかアレンジが夏向きに変わりましたが相変わらず勝手に脳が演奏してます。
右脳左脳で働きが違うといいますが、たぶん演奏してるのは右脳のどこかなのでしょう。仕事や運転をしているときにも鳴っているので結構うるさいです。

アレンジは、レゲーのリズムでリゾートアイランド風になりました。今回は、新しく買ったSyntronikというソフトシンセの音を中心に使ってカラオケを作ってます。

演奏は、16分音符が多く指は速いのですが、音域が狭く音が跳ばないので、意外と簡単に吹けました。今旬な曲なのでぜひとも吹いてみてください。

この曲をアルトリコーダーで吹いてみようと思わえる方は、このブログの最初の記事にカラオケのダウンロードなど使用方法を書いてあるので、そちらをご覧ください。この曲の番号は「3017」です。

http://rikouda-go.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-1





nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

「海が見える街」魔女の宅急便より [アルトリコーダー]



ジブリの魔女の宅急便から「海の見える街」をアルトリコーダーで吹いてみましょう。
地中海の町らしい風景を俯瞰した場面にピッタリの曲でした。映画ではオーケストラによる演奏でしたが、高嶋ちさとのバイオリン演奏版が好きです。

伴奏もそれらしくと考えて、東ヨーロッパで使われているダルシマーという楽器の音を中心に作りました。あまり知られてないと思いますが、ピアノの先祖の一つで箱に金属線が張ってあってハンマーで叩きます、木琴のマレットと違ってこちらも金属で出来ているようで、金属的な音が特徴です。中国の揚琴(ようきん)に似てます。

この楽器、ジプシー楽団で使われることが多いようで、オードリーヘップバーン主演の「昼下がりの情事」という映画に出てくる楽団でのシーンで使われてました。

演奏は、指が付いていけなくて練習しましたが、録音したものを聞くと細かいミスが多いですね。吹いてみて意外と難しい曲でした。何度も繰り返し練習が必要かなと思います。

この曲をアルトリコーダーで吹いてみようと思わえる方は、このブログの最初の記事にカラオケのダウンロードなど使用方法を書いてあるので、そちらをご覧ください。この曲の番号は「3016」です。

http://rikouda-go.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-1

nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「We Will Rock You」をリコーダーで吹いてみよう [アルトリコーダー]



懐かしい曲シリーズ最後です。
ロックバンドの曲を一曲と考えてまして、日本でも人気のあったクイーンを選びました。
ヒット曲が多くありますが「We Will Rock You」にしました。

この曲変わった曲で短いし、フロアータムとクラップだけの伴奏で歌われてますが、コンサートの動画を見ると観客の大合唱になって盛り上がる曲でした。

近年、ペプシコーラのCMでブリトニースピアーズとビヨンセがローマの戦士に扮して歌ったので覚えている方もあるかと思います。
時々、高校野球の応援でも聞くことがある勇ましい曲です。

しかし、この曲をリコーダーで吹こうとすると、やはり曲と音色が合いません。
ブルースのときのようにエフェクターで音を変える方法もあったのですが、今回はあえて音はそのままで、カラオケの方をリコーダーに合わせて脱力系のアレンジにしました。

民族楽器の太鼓とウッドブロックと言って木魚みたいな打楽器、ウクレレ、クラリネット、ユーホニュウムという編成です。

原曲とかなり違う出来上がりになったので、楽しんでもらえたらと思います。

演奏面では、同じ音を16分音符で吹くところが多いので、指よりもタッキングがいそがしいですね。歌では掛け声みたいに歌っているところのリズムが取りにくかったです。あまり正確さは必要ないのでノリで吹けばよいかと思います。

この曲をアルトリコーダーで吹いてみようと思わえる方は、このブログの最初の記事にカラオケのダウンロードなど使用方法を書いてあるので、そちらをご覧ください。この曲の番号は「3015」です。

http://rikouda-go.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-1

nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「偲芳歌」十二国記よりをリコーダーで吹いてみよう [アルトリコーダー]



あまり知られていない曲ですが、アニメ「十二国記」の挿入歌、「偲芳歌」を吹いてみましょう。
偲芳歌は「しほうか」と読みます、この「偲」という字はあまり使わない字ですよね。

このアニメ、女子高校生が、古代中国にのような世界に連れていかれて冒険をするというストーリーです。見ていると三国志の時代がモデルのようですけど、幻獣が出てくる空想世界になってます。

音楽も、中国風な雰囲気を出していますね。
私自身、最初の二話しか観てないので詳しく説明できないのですが、ある方がカラオケがなくてアカペラで歌っておられるのを聞いて、演奏してみたいと思った曲です。

この曲の動画やアニメは、YouTubeで見れるので、興味のある方はそちらでご覧ください。

演奏は、それほど難しくないと思います。ゆったりと吹くと良いようですね。Aメロの繰り返し部分は、同じでは単調になるのでアレンジして吹いてますけど、難しかったらAメロを繰り返しても結構です。

この曲をアルトリコーダーで吹いてみようと思わえる方は、このブログの最初の記事にカラオケのダウンロードなど使用方法を書いてあるので、そちらをご覧ください。この曲の番号は「3014」です。

http://rikouda-go.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-1

nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「恋ダンス」再生13000回! [アルトリコーダー]



1月に公開した「恋ダンス」の再生が1300回を超えました。
皆さん、ご試聴をありがとうございます。

サウンドクラウドのカウンターは、一つのPCやスマホで1回しかカウントされないようなので、ずいぶん沢山の人に聴いてもらえたものだと思います。
今まで、自分がアップした音源で千回以上再生されたのは初めてなので、とてもうれしいです。

これからもよろしくお願いします。

この曲をアルトリコーダーで吹いてみようと思わえる方は、このブログの最初の記事にカラオケのダウンロード等の使用方法を書いてあるので、そちらをご覧ください。この曲の番号は「3006」です。

http://rikouda-go.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-1

nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「テルーの唄」をリコーダーで吹いてみよう [アルトリコーダー]



手嶌葵のデビュー曲でジブリ映画「ゲド戦記」の主題歌「テルーの唄」を吹いてみましょう。

手嶌葵がデビューしてからもう10年以上が経ちました。今も活躍されていて、「コクリコ坂から」の歌もよかったし、最近では「明日への手紙」がヒットしてますね。歌唱力は現在の方が上手くなってますが、十代の頃の影のある歌声も捨てがたいです。

ネット上の噂ですが、デビュー前は学校でイジメにあい、辛い日々を送っていたとか。
今の優しい歌声と比較するとそんな事もあったのかなと思ってしまいます。
学校では人と違う才能がある人を排除する傾向が強くて、多くの才能をつぶして社会を貧しくしています。
つらい時期を乗り越えて立派な成功をつかまれて本当に良かったと思ってます。

この曲は、ケーナでさんざん吹いていたものなんですが、リコーダー用にカラオケを編集して再度録音をしてみました。リコーダーでは黒鍵の音を出しやすいので間奏部分も吹いてます。
また、マイクスタンドを立てて演奏したら、今までで一番イメージ通りの音で録音できました。

演奏の難易度は、歌の部分はスローなテンポで難しくないのですが、間奏は指使いが複雑で細かい音符もあるので、ちょっと練習が必要かなといった感じです。
なお私は、1番は歌を意識して楽譜とは違った吹き方をしています。2番はだいたい楽譜通りにしてますが、そのあたりは自由に吹いてくださいね。

この曲をアルトリコーダーで吹いてみようと思わえる方は、このブログの最初の記事にカラオケのダウンロードなど使用方法を書いてあるので、そちらをご覧ください。この曲の番号は「3013」です。

http://rikouda-go.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-1


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「スイートホーム・シカゴ」をリコーダーで吹いてみよう [アルトリコーダー]



個人的に懐かしい曲、今回はブルースです。
ロバート・ジョンソンの名曲、「スイートホーム・シカゴ」

この曲は、ブルース・ギターで日本でもよく演奏されるます。エリック・クラプトンの歌でも有名ですね。
多くの人が歌っているので、私が最初に聴いたのがいつだったのか定かではありません。
しかし、印象に残っているのは、映画「ブルース・ブラザーズ」の中で歌われるシーンです。

この映画、ドタバタ喜劇で、当時もアメリカ人はこんなのが面白いのかといった印象だったのですが、音楽やダンスはとての良かったのです。往年の有名ミュージシャンが多数参加しています。

リコーダーでブルースを吹くとなると問題は、音色が音楽に合うのかということでした。
当然ながら、合いませんよね。
70年代ころですが、管楽器に付けるピックアップというものがありまして、それからアンプを通して音を出してました。それほど使われていたわけではないので知っている人は少ないと思いますが、カーペンターズのバックバンドのフルートに、これが使われていたのを思い出しまして、リコーダーでやってみました。

もちろんリコーダー用のピックアップなどありませんから、普通にマイクで録音してPC内でアンプシュミレーターに通して音を出しただけなんですけど。
なので、これリコーダーの音なの?、という感じになってます。

演奏は、歌の部分は簡単なのですが、途中の主旋律を展開しているところは、Eギター風なフレーズをと考えて作ったので、そこだけ少し難しいかなと思います。あとブルースなので半音はよく出てきます。

この曲をアルトリコーダーで吹いてみようと思わえる方は、このブログの最初の記事にカラオケのダウンロードなど使用方法を書いてあるので、そちらをご覧ください。この曲の番号は「3012」です。

http://rikouda-go.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-1

nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「すみれの花咲く頃」をリコーダーで吹いてみよう [アルトリコーダー]



シャンソンをそれほど知っているという訳ではありませんが、古いフランス映画を通じて何曲か好きな曲がありました。
ルネ・クレールが監督をした「巴里の屋根の下」と「巴里祭」という映画を名画座や教育テレビで何度か見ました。私が10代の頃です。

最近、「巴里の屋根の下」を見直してみました。他愛のないストーリーなのですが、画面の雰囲気と音楽が今見てもいいですね。
この映画の主人公は、一種の歌手なのですが、劇場で歌っているのではなく街角でアコーディオン弾きと一緒に流行りの歌を歌います。今でいうストリートライブのようですが、投げ銭を貰うのではなく、お客さんに歌を教えて楽譜を売って生計を立てています。

ラジオや蓄音器が庶民に普及する前、映画もサイレントの時代、流行歌はこのようにして広められていったのですね。因みにこの映画はフランス初のトーキー映画だったそうです。

この映画のようにアコーディオンだけの伴奏でリコーダーを吹いてみようと考えましたが、曲はこの時代のシャンソンで日本でもよく知られている「すみれの花咲く頃」にしました。
宝塚歌劇団でよく知られるこの曲、関西には宝塚歌劇ファンのおばさまがよく居られますが、この曲が「リラの花が咲く頃」というシャンソンだったことを知る人は少ないようです。

もっとも、元々は「再び白いライラックが咲いたら」というドイツの劇中歌だったようで、1930年頃にはヨーロッパ中で歌われていたそうです。

さて、演奏は難しくありません、少し練習すれば吹けます。しかし、カラオケに合わせて演奏しようとすると問題が生じます。
「すみれの花」とルフランに入る前にフェルマータが付いてます。アコーディオンも人間が演奏しているのならば、メロディーを聞いて後から伴奏が入ってくれるのですが、あらかじめ録音されたカラオケではそれができません。

そこで、フェルマータの付いているソの二分音符を通常の二倍の長さにして伴奏を作りました。
つまり、この音を出したら1,2,3,4と数えて「すみれの」と入れば伴奏と合うようにつくってあります。
最初は、なかなかタイミングが合いにくいと思いますが、何度か練習すればぴったりと合わせることが出来るかと思います。

この曲をアルトリコーダーで吹いてみようと思わえる方は、このブログの最初の記事にカラオケのダウンロードなど使用方法を書いてあるので、そちらをご覧ください。この曲の番号は「3011」です。

http://rikouda-go.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-1




nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - アルトリコーダー ブログトップ